本文へスキップ

ビオナチュレフラワー技能者として認定!ビオナチュレフラワー製作講座

プリザーブドフラワーと生花との違い/ビオナチュレフラワー

プリザーブドフラワー

ビオナチュレフラワー製作講座

プリザーブドフラワーと生花との違い

プリザーブドフラワー 生花
特徴 長期間保存できる。
ほぼ同じ状態で長期間鑑賞できるため、贈り物や記念品に向いています。生花にはかないませんが花そのもののは本物なので造花とは比べものにならないほどの高級感があります。
花本来の美しさや香りを楽しむ
散ってしまうというその散り際の美しさすら日本人の心には響くものです。
生花でしかできないこともあります。
保存 保存は非常に優れている
大事に保存をすれば、数年から10年は持つといわれています。記念品などには最適 です。
保存には向いていない
その時を楽しむのが切り花/生花の基本です。長期保存には向いていません。
手触り まあまあ
造花ではなく、本物の花なので、生花と同じとは言えませんが、造花とは比べものに なりません。
最高
もちろんこちらが本物ですので、手触りも本物が本物である所以を楽しめます。
匂い なし
プリザーブドフラワーは無臭です。
あり
その花々が持つ独特の香りを楽しめます。花は目で楽しむのではなく香りと手触りで楽 しむものと言い切る人もいます。
メンテナンス 必要なし
特に水やりの必要はありません。
ほこりをかぶらないように水に濡れないように扱うことが長く楽しめるコツです。
毎日必要
毎日の水やりやお手入れが大事です。
価格 高価
今のところ、生花よりも値段が高くなっています。原材料が高いことと、人気があり 精算が追いついていないのがその原因です。
しかしギフトとして考えると多少値段がするものの方があげやすい場合もあります。
適正価格
既に歴史のある商品なので、値段は安定しこなれてきています。良いものはそれなり に自家消費用などは安く手に入れることも可能です。チョイスができるようになってきています 。






ビオナチュレフラワー製作講座

生花のままの色を残せる、今までにない保存・加工法。
お気に入りの花を自然な姿でアレンジし、長く楽しめます!

詳しい資料の無料請求はこちらから



ビオナチュレimg5