本文へスキップ

ビオナチュレフラワー技能者として認定!ビオナチュレフラワー製作講座

プリザーブドフラワーとは/ビオナチュレフラワー

プリザーブドフラワー

ビオナチュレフラワー製作講座

プリザーブドフラワーとは

生花のような美しい姿で長時間保存することを目的に、専用の溶液を用いて加工された花のことです。
植物中に含まれている水分と色を付けた特殊な溶液と交換します。

「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味。

プリザーブドフラワーの歴史はまだ新しく、 1991年にフランスのヴェルモント社によって開発されました。 当初は長持ちする切り花を開発するという目的でした。 特にバラにおいて開発が進められました。

1991年に完成し、パリやロンドンの先進的なフラワーデザイナーによって アレンジメントフラワーに取り入れられあっという間に、ヨーロッパ中に広がりました。 ヨーロッパでの人気をもとに、日本にも取り入れらはじめました。 日本ではまだまだ知られていませんが、 今後、枯れない切り花としてのプリザーブドフラワーは 特にギフト用として人気が爆発しそうです。

最近では、バラだけではなくカーネーション、ラン、アジサイなどにも応用されているほか、
葉物でもプリザーブドフラワーの技術が使われているものが増えてきています。






ビオナチュレフラワー製作講座

生花のままの色を残せる、今までにない保存・加工法。
お気に入りの花を自然な姿でアレンジし、長く楽しめます!

詳しい資料の無料請求はこちらから



ビオナチュレimg5